トップメッセージ

       橋本 耕治       

          渡辺 秀俊

          大場 雅昭 

 ※画像をクリックください。     

 橋本 耕治

 私が税理士を目指したきっかけは、20歳の頃、ニュージーランドへワーキングホリデーに行ったとき、自分は何の取り柄も無い人間であることを痛感したからです。日本のアルバイトは、面談で問題無く受け答えをすれば見つかるものでしたが、ニュージーランドではアルバイトでさえも自己PRとして何ができるのか?何が得意なのか?と問われました。そこで、専門性があり、いずれは独立ができ、経営者と対等な立場で経営に携わることができる税理士を目指すようになりました。


 一般企業で2年程勤め、退職後、1年の勉強専念期間を経て税理士事務所で働き始めました。その際に驚いたのは、税理士業界のパソコン導入が1人1台ではなく、また業務についてもシステム化されておらず、一般企業と比較して遅れているということでした。税理士は企業のアドバイザーとして、企業の良き相談相手になるべきなのに、これはどうなのだろうと疑問に感じながら勤務をしていました。また、クライアントから、どうやったら儲かるのだろう?利益を出している会社は何をしているのだろう?という問いに答えが出せず、目の前で業績悪化をたどるクライアントに対して適切なアドバイスができない自分自身に、不甲斐無さを感じました。


 これらの経験から、自身の目指す税理士像は、税務以外の知識や経験により、企業の成長の手助けができ、その人にとっての人生のゴールを導く存在であると確信しました。その想いを胸に個人税理事務所として独立し、様々な失敗を経験しつつも、自身も経営者としての道を歩み始めました。


 その後、より専門性の高い、また永続的なサービスを目指し、自身にない相続分野が得意なパートナー(渡辺税理士)と組み税理士法人へと組織変更しました。


 会計業界に入ってから15年程経過しましたが、この短期間で、クラウド会計・フィンテックなど、劇的に変化しています。経済社会においても、今は第四次産業革命といわれ、当時想像もつかなかった市場のグローバル化、新たな通信手段や、サービスが出現しました。


 また、急速なIT化が進み、経営には必要な三要素といわれた“人、モノ、金” の他に、 “情報” や、人の代わりとなる “AI” がこれからの新たな経営要素として加わってくる時代となりつつあります。

 10年後には、税理士業界で一般的に提供しているサービスが、時代遅れのものになることは容易に想像できます。ですが、ただ一つ、現在、そしてこれからもこの業界で変わらないと確信する格言があります。その格言は、“この業界で生きていく限り一生勉強”と言うものです。この格言のとおり、我々は、将来にわたりこの激変の時代に対応しつつ、新たなサービスを開発し、経営者に対して適切なアドバイスができる存在とならなければなりません。そして税理士法人VERTEXは“クライアントとともに成長し頂点を目指す”基本理念のもと、変化を厭わず、進化し続ける組織を目指し、邁進していきます。

    

 渡辺 秀俊

 私は以前から人と関わるのが好きで、学生時代は趣味のストリートダンスやバイトを通じ、色々な人との関わり合いの中で生きてきました。

その中で、一生人と関わっていける職業、人に寄り添う仕事は何か?を考え、税理士という資格を目指すようになりました。

平成16年から3年間、大原簿記専門学校で講師としての経験を積みました。将来、人前で話す技術・伝える能力を持った税理士になりたいと考え、そのときの将来像は『セミナーを開催できる税理士』でした。その後、資産税特化型事務所の税理士法人FP総合研究所で6年半勤務税理士として学び、多数のセミナー、資産税コンサルティングを経験しました。そして顧客・人に関わるには、税務を超えた知識・専門性が必要であると思い、この頃から将来像は『相続税のプロ』に変わりました。

 税理士法人VERTEX設立のきっかけは、パートナーである橋本が法人関連について専門性のある幅広い知識を持ち、パートナーを組めばクライアントの法人・個人の両面を一つの窓口で網羅でき、クライアントニーズへの最適な解を得られるのではないかと思ったことです。現在、神戸事務所は法人部門、大阪事務所は資産税部門として、地域別ではなくニーズに応じたサービス提供を心掛け、さらには福岡事務所も展開し窓口を広げております。

 現在、税理士業務として記帳代行・申告業務が主だったものとしてありますが、IT化の更なる推進・AI化に伴い、単純作業・申告業務・敷いては税理士事務所が淘汰されていくことが予想されます。

 弊所としては、このことをピンチではなく、元々自分たちがやりたかったサービス・コンサルティング関連に力を入れ皆様にサービスを提供していくチャンスと考えております。

 そして、今の将来像は『顧客の将来の選択肢を10倍にすること』です。

 最近、私の職務は顧客の将来を決めるものではなく、将来の選択肢を増やす職業であると考えるようになりました。

 私個人・そしてVERTEXに関わったすべての人が幸せな未来を描き築けるように、現状に満足せず、VERTEX(頂点)を目指し高付加価値・高満足・高顧問料()のWIN・WINを目指し続けます。

    

 大場 雅昭

   私は、大学3年生の就職活動時まで好きな野球しかしていませんでした。周りが就職活動の話で情報交換をしているのを見て取り残された気持ちになり、自分が本当にやりたい仕事は何か、その想いが無いまま何となく就職活動を行うべきではないのではないかと色々悩みました。自分で起業した父親、医師である兄という家庭環境の中、自分も努力し自身で道を切り開きたい、生涯の仕事としてやるならば専門的な分野に就きたいと思い税理士を目指しました。

 税理士事務所に勤務しながら27歳で税理士試験に合格、主に法人や医療部門を担当し様々なクライアントに対応できる実務の経験を積みました。

 税理士法人VERTEX設立当時、勤務税理士としての期間が長く、その環境に甘んじ独立開業から遠ざかっていました。しかし、税務・会計が複雑化する時代の中では、個の力ではなく組織力でクライアントの要望に応えていくべきではないか、クライアントに満足して頂くためにそれぞれの税理士の得意分野に特化した方がいいのではないか、そして信頼できるパートナーと一緒に仕事をしたいという想いから税理士法人VERTEX福岡事務所を設立し、税理士を目指した頃の目標であった独立開業を達成しました。

 税理士法人VERTEXは、クライアントの決算を迎えるまでのプロセスを重要視しております。経営者の方々は、会社・従業員・そして家族の未来を背負い、会社にとって一番の方策は何かを求め、経営されています。数ある税目は法律で定められている以上、節税の方法はおおよそ決まっています。理論上、節税対策は本来どこの会計事務所が行っても同じになるはずです。私たちは個々の経営者の視点に立ち、数字を切り口に様々なクライアントのニーズに応じたサービスを徹底しております。

 今後、社会では人工知能であるAIの実用化が加速し、更なる発展を遂げようとしています。私たちの業務はその技術革新により単純作業が自動化され、AIでは成し得ない創造的な業務に時間を割くことが可能になります。よって、クライアントに高付加価値のサービスを提供できる事務所のみが発展していくのではないでしょうか。AIの発展により様々な職種がなくなるのではないかという悲観的な話もありますが、その発展により技術革新が進もうと、人の繋がり・想い・心というものは不可欠だと思います。


事務所概要

所長名

橋本耕治

渡辺秀俊

大場雅昭

所在地

(神戸)神戸市中央区明石町48
   神戸ダイヤモンドビル8階

(大阪)大阪市北区梅田1-12-17
   梅田スクエアビル5階

(福岡)福岡市博多区店屋町8-17
   博多MSTビル4階

電話番号

(神戸)078-331-1900

(大阪)06-4300-7117

(福岡)092-263-5404

FAX番号

(神戸)078-331-1910

(大阪)06-4300-7118

(福岡)092-263-5405

業務内容
独立・開業に関する支援業務
記帳代行業務
経理・会計・決算・税務申告に関する業務
融資支援業務
相続・贈与税に関するコンサルタント・申告業務
事務合理化の提案業務
経営相談・経営計画策定に関する業務
企業再生支援業務
メールアドレス
info@vtx.jp